• 業務内容
  • 所属弁護士
  • セミナー情報

ご挨拶


代表 西川 知雄

少数精鋭の東京とシドリーの持つ9カ国20箇所のグローバルネットワークとの絶妙なチームワークと各人のプロフェッショナリズムにより、今後もクライアントの皆様のご要望にお応えし、広く社会に貢献できるよう努めて参る所存でございます。

代表    西川 知雄

詳しくはこちら

ご注意

.................................................................................................................................


近時、当事務所所属弁護士になりすましたSNSアカウントの作成やメール連絡があるとの報告を受けております。
当事務所の弁護士を名乗る者からお心当たりのない連絡(SNS、メール、電話、文書等による)を受けたときは、
十分ご注意ください。



TOPICS

.................................................................................................................................


2016年11月
石新智規弁護士樫尾洵弁護士が翻訳したJack Balkin教授(Yale Law School)、
「言論規制-従来型と最新型(1)」が北大知的財産法政策学研究48号に掲載されました。
なお、原文は、ハーバードローレビュー(127 Harv. L. Rev. 2296)に掲載されている
“Old-School/New-School Speech Regulation”です。
2016年11月
高田清文弁護士が、Bloomberg BNAより出版されるLabor and Employment Laws, Fourth Edition, Volumes IA and IB, 2017 Cumulative SupplementのJapanの章を執筆いたしました。同書は、アメリカ法曹協会のInternational Labor and Employment Law Committee等の編集にて各国の労働法制をまとめたものです。
2016年10月1日
高田清文弁護士が入所しました。
2016年
石新智規弁護士が、2016年度ソフトウェア情報センター判例ゼミの講師を務めます。
詳細はこちら>>
2016年8月1日
末永道郎弁護士が入所しました。
2016年7月11日
桃井恭祐弁護士が入所しました。
2016年5月31日
石新智規弁護士が公益社団法人公正取引協会の外国競争法研究会(松下満雄座長)にて、
「標準規格必須特許の権利行使に対する独占禁止法上の制限-日欧米の動向を踏まえて」
と題する報告を行います(会員限定)詳細はこちら>>
2016年5月
シドリーオースティンがミュンヘンにオフィスを開設いたしました
2016年4月27日
石新智規弁護士が委員として参加した
「拡大集中許諾制度に係る諸外国基礎調査報告書」
が文化庁より公表されました。詳細はこちら>>
2016年4月21日
石新智規弁護士が新社会システム総合研究所主催のセミナー
「【グローバルな著作権レジームの動向を視野に入れて】
TPPで変容する著作権法と実務への影響
~技術的保護手段規制と法定損害賠償/拡大集中許諾(ECL)制度~」
の講師を務めました。詳細はこちら>>
2016年3月30日
石新智規弁護士が執筆に関与した
「知的財産・コンピュータと法(野村豊弘先生古稀記念論文集)
が(株)商事法務より発売されました。詳細はこちら>>
2016年3月16日
石新智規弁護士が執筆した
「フェアユース再考-TPPによる日本の著作権法の変容を契機として-」が
知財管理3月号に掲載されました。詳細はこちら>>
2016年1月15日
欧州連合日本代表部 欧州進出日本企業を対象とする
「EU競争法セミナー~日本企業が知っておくべきEU競争法の最新動向2016~」にて
天野富士子外国法弁護士が「損害賠償指令について」講演しました。詳細はこちら>>
2016年1月
石新智規弁護士が執筆に関与した「Q&Aで学ぶ写真著作権(第2版)」が公益社団法人日本写真者協会から発行されました。詳細はこちら>>
2015年12月10日
石新智規弁護士が翻訳(共訳)した「フリースピーチ」(Anupam CHANDER 、Uyên P. LÊ著)が北大知的財産法政策学研究47号に掲載されました。詳細はこちら>>
2015年11月17日
石新智規弁護士がインターネットウィーク2015セッション6「著作権の未来~TPP・フェアユースとプロバイダ責任制限法~」のパネリストとして登壇しました。詳細はこちら>>
過去のTopics
  • お問い合わせはこちら
  • 中文ページ
  • Sidley Austin LLP